よくあるご質問

耳の病気

中耳炎関連

中耳炎になったら何時から風呂にはいれますか?

痛みや耳だれが多くなく、熱が無ければ風呂は入ってよいです。

急に夜中や休日に耳が痛くなればどうしたらよいですか?

痛みどめ、熱さましの頓服や座薬を使って様子を見てください。
高熱がある、ぐったりしている、1時間ぐらいしても激しく泣いているなどの症状があればできるだけ早く医療機関に受診してください。

中耳炎になれば毎日通院しなければいけませんか?

病状にもよりますが2~4日に1回ぐらいの通院でよい場合が多いです。7~10日ぐらいで治る方が多いです。乳幼児では治療が長引いたり、急性から滲出性中耳炎に移行したり、中耳炎をくり返す方もいます。担当医が来なくてよいと言われるまでしっかり通院してください。

いしべ耳鼻科では耳へのレーザー治療をしていると聞きましたがどのような治療で費用はどれくらいですか?

鼓膜切開、鼓膜を閉じる治療、鼓膜にチューブを入れる治療、耳のポリープを取る治療に使います。費用はレーザーを使用したから高くなる事はありません。鼓膜切開へのレーザー使用では痛み、出血が少なく、正確に鼓膜に穴があけられます。穴がすぐに閉じないため(7~10日で閉鎖)滲出性中耳炎になりにくく、急性中耳炎が治りやすいとされています。鼓膜にチューブを入れる時も、レーザーによる切開後の方が円型の穴があくため正確に楽に入れられます。また鼓膜の穴を閉じる処置で、穴の周りを新鮮な状態にする時もレーザーを当てれば簡単に早くできます。耳の中にできたポリープも短時間に出血なく取り除けます。

鼓膜切開は痛くないですか?切開した鼓膜は閉じますか?

麻酔をして行いますが、さわったり、音がしたりするのはわかりますので恐怖心から大部分の子供は泣いてしまいます。鼓膜は7日前後で閉鎖する事が多いですが、1%ぐらいの方で鼓膜が閉じにくい方もいます。その場合は外来処置で閉鎖する事は可能です。

いしべ耳鼻科では穴のあいた鼓膜を外来で閉じる治療をしていると聞きましたが費用はいくらぐらいですか?予約しないといけませんか?

受付への電話予約が必要で、費用は約5200円です。穴が大きくない場合は穴の周りをレーザー等で新鮮な傷口にして人工のコラーゲン膜を貼り付けます。患者さんの血液より鼓膜が再生しやすい点耳薬を作成して毎日、耳の中に薬を入れてもらいます。麻酔で15分、治療は10分ぐらいで終了します。子供も含め約2ヶ月で70%ぐらいの方で鼓膜が閉鎖します。鼓膜の穴が大きかったり、上記の方法でだめな場合は当院では耳の軟骨、軟骨膜を穴にあてて閉じる日帰り手術も行っています。この場合の費用は約6万円になります。CTで鼓膜の奥の炎症が強かったり、難聴が高度、真珠腫という塊がある場合は入院手術になり、この場合は希望される病院に紹介します。

血が混じった耳だれが多く出てきますがどうしたらよいですか?

耳の周りを湿らせた綿花などできれいに拭いてあげて下さい。耳だれの量が多い場合は耳の入り口に綿球を入れて、湿ってきたらこまめに取り換えてあげてください。中耳炎の炎症が強いと鼓膜が自然に破れて血が混じった耳だれが出る事があります。鼓膜切開をした後も同様です。ほとんどの場合は心配ありません。

中耳炎をくり返して困っています。どうすればよいですか?

乳幼児(特に2才まで)の方は耳の免疫力が十分に発達していない事が多く6才を過ぎるまで中耳炎をくり返したり、鼓膜の奥に水が貯まる滲出性中耳炎をおこしやすいです。かぜ等で鼻炎を起こすと鼻の菌が耳に入り中耳炎をおこします。風邪をひかないようにして鼻炎を防ぐ事が中耳炎の予防につながります。

いしべ耳鼻科では外来診察中に鼓膜にチューブを入れる治療(チュービング)があると聞きましたが効果はありますか?こわい治療ではありませんか?費用はいくらぐらいですか?

当院では乳幼児から大人まで外来診療中にチュービングを行っています。費用は片耳約9300円で6才以下のまる福の方は無料です。鼓膜にチューブをいれて小さい穴が開いた状態にするチュービングの治療をすると、中耳炎をおこしにくく、ウミや水が貯まらなくなります。中耳炎による発熱、痛みもほぼなくなります。聞こえも良くなります。くり返す中耳炎、長引く滲出性中耳炎には効果があります。反復性中耳炎では6~12ヶ月チューブを留置する場合が多く鼓膜に穴が残る確率は1%ぐらいです。滲出性中耳炎では2年前後チューブを留置する場合が多く5~10%ぐらいの方で鼓膜の穴が残ります。鼓膜の穴は小さく、聞こえは良い事が多いです。将来病状が落ち着けば外来で閉鎖可能です。

中耳炎が長引いて抗生物質を長く飲んでいますが大丈夫でしょうか?

重症中耳炎、反復性中耳炎では薬が効きにくく抗生物質が長く投与される場合があります。状態により抗生物質の種類を変えたり安全性を考慮しつつ病状に対応する事になります。投与が長引きそうな場合は鼓膜切開等の外科的治療が有効な事もあります。また滲出性中耳炎ではクラリス系統の抗生物質を半分量で2~3ヶ月投与する治療法があります。これは免疫力を高め炎症を抑え、粘液の出るのを抑える作用を期待して投与されます。副鼻腔炎、気管支炎でも同様の治療を行う事があります。

外耳炎

外耳炎をくり返すのですがどうすればよいですか?

耳をよく触りすぎて外耳炎を起こす場合が多いです。耳掃除はやりすぎないようにして下さい。竹、金属、マッチ棒などの固い物での清掃はやめてください。2週間に一度ぐらい小さい綿棒で耳の入り口近辺を回すように清掃するようにしてください。耳の奥の固い所をこするのはダメです。耳の痒みがある場合は痒みを抑える薬も必要です。

外耳炎で以前に病院でもらった軟膏を悪くなった時に塗っておけばよいですか?

軟膏を自分の判断で適当に塗っておくとカビがでる等の副作用がでることがあります。耳の局所の清掃も大切です。耳だれが出るなど悪くなった時はできるだけ早く耳鼻科を受診してください。

難聴

急に片耳が聞こえなくなりました。どうしたらよいですか?

できるだけ早く耳鼻科を受診して聞こえの程度を検査してもらって下さい。急に高度難聴を起こす突発性難聴なら2週間以内にステロイド剤の治療をしないと治りが悪くなり、早ければ早いほど治療効果は良いとされています。耳垢が詰まっていたり、風邪気味で鼻から耳への空気の通りが悪かったり、中耳炎を起こしていたり、メニエール病等が他の原因としてよく見られます。

年をとってだんだん聞こえにくくなってきたのですがどうしたら良いですか?

耳鼻科で聞こえの検査をして聴力の状態をチェックしましょう。老人性難聴であれば薬での回復は無理ですので日常会話の聴取も困難であれば補聴器で補いましょう。補聴器認定技能員のいる補聴器店で医師の指示のもと補聴器を調節してもらって下さい。

2才の子供ですが言葉の発育が遅く、聞き返しが多く、テレビの音も大きくします。聞こえは大丈夫でしょうか?

子供さんが遊びながら検査する方法や、音に対する耳の奥の反応や脳波の反応を見ながら判断する特殊な聴力検査があります。検査結果により補聴器が必要になる事もあります。滲出性中耳炎による難聴なら治療で難聴は治ります。

めまい、耳鳴り

めまいはどうしておこるのですか?

脳梗塞、出血、脳腫瘍など脳が原因のもの、メニエール病、内耳にある体のバランスを調節する神経の障害など耳が原因のもの、不整脈、貧血、血圧など内科的な病気が原因のもの、ストレス、自律神経障害など神経が原因のものなどいろんな原因からおこります。

めまいの生活上の注意点を教えてください。

規則正しい食事をして飲酒は控えめにして下さい。タバコは本数を減らすか禁煙してください。コーヒーも飲みすぎは良くありません。睡眠を十分とりストレスを減らしリラックスした生活を心掛けてください。運動はできる範囲で行うようにしてください。

脳が原因と考えられ救急車を呼ばないといけないめまいはどんな症状がありますか?

手足や顔がしびれたり、動かしづらい、麻痺等がないのに立てない、物につかまっても歩けない、ロレツが回らない、物が二重に見える等の症状を伴っためまいは救急車を呼んでください。

めまいがあり内科でCT、MRI、血液検査を受けて大丈夫と言われ、耳鼻科を受診するように言われました。どうしてですか?

耳の奥の内耳に体のバランスを調節する前庭神経があります。内耳の調子が悪くなって起こるめまいは多く、特に若い方のめまいの原因の大半は耳からのめまいです。耳からのめまいで一番多いのは、頭を特定の位置に動かしたとき数分間回転性のめまいが起こる良性発作性頭位めまい症です。他に耳鳴り、難聴を伴うメニエール病、風邪の後、激しいめまいを起こす前庭神経炎等があります。

耳鳴りはどうしておこるのですか?

ほとんどは聞こえの障害で起こるもので、生命に関係するような大きい病気の心配はありません。内耳から脳までの音の通り道の障害で起こる事が多く、加齢による聞こえの神経の衰えが一番多い原因です。耳垢が詰まったり、中耳炎、メニエール病、突発性難聴などの原因の耳鳴りは若い人でも起こります。

耳鳴りで夜も眠れません。どうしたらよいですか?

耳鳴りでストレスを感じると、自律神経に悪影響を及ぼし、耳鳴りがひどくなります。ほとんどの耳鳴りは心配ないものです。心配しすぎないようにしてください。ごくまれに脳腫瘍などの病気がありますので、念のためMRIなどの検査も受けるのもよいと思います。聴力検査で聞こえに問題がなければ耳鳴りは心配ない場合が多いです。耳鳴りの音を小さくする事はできますが、全く消す事は困難です。耳鳴りの音を気にして一生懸命聞かないようにしてください。耳鳴りの音に慣れる、付き合う事が大切です。

耳鳴りの治療法を教えてください。

内耳の血流や細胞の働きを改善する薬、聞こえの神経に働くビタミン剤、不安を和らげる薬等があります。耳鳴り以外の音を続けて聞いて耳鳴りの音に慣れる治療もあります。テレビ、ラジオ等の環境音を続けて聞くのも有効です。

耳鳴りの生活上の注意点について教えてください。

ストレスのない、穏やかな気持ちで暮らしていれば耳鳴りは自然に気にならなくなります。できるだけ、耳鳴りを意識する前の生活にもどる事を心がけましょう。疲労、睡眠不足、興奮、ストレス、タバコは耳鳴りに悪影響を与えます。飲酒、刺激物は適量を心がけましょう。楽しめる趣味、運動、バランスのとれた食事、入浴などでストレスを減らす事が大切です。

よくあるご質問

予約診察

  • 当院は予約制です
    予約が取れない場合は
    受付(077-582-1334)まで
    お問い合わせ下さい。
  • 問い合わせ時間
    (午前8:30~12:00)
    (午後3:30~7:00)
  • 土曜日午後・水曜日・日曜日・祝日は休診です

スマホ診療(遠隔診療)

ページの先頭へ